カンガルー脱走のニュースを見ていて
「4匹のカンガルーが脱走」とアナウンサーが言っていたことに疑問。

カンガルーは匹なのか?
頭じゃないのかな?
そもそも、匹と頭の違いは?


調べました。


厳密なラインはない。というのが結論です。
「成人男性より大きな動物は『頭』、小さな動物は『匹』と数える」
というあやふやなラインしかないようです。

カンガルーはやはり『頭』のほうが近いということですね。



調べてるところで一つ発見が・・・

蝶は学術的には『頭』扱いらしいです。

頭

理由①もともと海外の動物園で動物を数えるときに「head」という単位を使っていた。
  (頭数・・・ということですね。1head,2head,・・・)
理由②海外で「蝶」は動物園に展示されていることが多い。
  (蝶を捕獲すること、動物を狩りすることが近い行為であるかららしい。)
理由③「head」という数え方が明治のはじめに日本に伝わった。
  (それまで日本では「匹」という数え方しかなかったらしい。)

というわけで、明治以降「蝶」のことを「頭」で数えることになったそうです。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。