ぼくにゅうとは言わない。

この部首を「のぶん」と言いますが

のぶん

もとはこの部首から来ています。

「ぼくづくり」「ぼくにょう」といいます。

ぼくにょう

だから、この部首も「ぼくづくり」「ぼくにょう」と呼びます。

のぶん

というのは、部首名を答える問題を答え合わせをしていて

解答に「のぶん」が無かったので

なぜだろう・・・・と思ったので調べてみました。



興味深いのは、

①なぜ「攴」を「ぼくにょう」と呼ぶのか。

②なぜ「攵」も「ぼくにょう」と呼ぶのか。

ということです。



①「攴」は、棒を手に持って、ポンと物を叩く様子から成立したということです。

②「攵」という部首を持つ漢字が『棒で叩く』ということに関連するので「ぼくにょう」と呼ぶ。

ということに、興味深い人は「くらし専科」をご覧ください。

勉強になります。



ちなみに「しんにょう」は「しんにゅう」と言いますが

「ぼくにょう」を「ぼくにゅう」とは言いません。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。