STING

映画「レオン」
殺し屋のジャン・レノが女の子に仕事を教えるという
なぜヒットしたのか疑問のハチャメチャ感のある映画。



そのエンディング・テーマを歌うのが元ポリスの
STING

最近、昔何度も聴いたSTINGのテープが見つかった。
無性に聴きたくなったのでCD購入。

1987年高校2年生のときにはまりまくった
「Nothing like the sun」
Nothing like the sun
17歳にしては、なかなか渋い選択・・・・♪


決して「ハ○」だからというわけではなくて
こんなおじさんになりたいなぁと思っていた。
STING

まったく違うおじさんになっていた。。。。。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。